Necessity

塗装工事の必要性

いつも私たちの生活を守ってくれる外壁。
外壁塗装には私たちを守る様々な効果があります。
その効果は”半永久的に持続するものではない”ということはおそらくご存知だと思います。
今回は、そんな【外壁塗装の必要性】と【塗り替え時期】についてお話しします。

外壁塗装の2つの効果と必要性

外壁塗装を行うことで家を美しく彩る家を健康にし、長持ちする家にするという効果が得られます。

家を美しく彩る

「家を美しく彩る」という点は、みなさんも一番最初に思いつくのではないでしょうか。
家の美観は色んな人の目に触れるもの。
できるだけ綺麗に保ちたいですよね。
外壁を塗り替えることで、新築同様の輝きを取り戻すことができます。
また、色味を変更することも可能ですので、イメージチェンジをすることができます。

家を健康にし、長持ちする家にする

建物自体は水に弱く、腐食したり、傷んでしまったりします。
外壁塗装を行うことで『防水効果』を蘇らせ、傷みの原因を治療し、家の老化を未然に防ぐことができます。
また、壁のヒビや剥がれなどを修繕すると同時に、補強をする効果もあります。
塗装工事を行うことで、強度がアップし、雨風に強くなります。
このように外壁塗装を行うことで、傷んでいたり、弱っていた部分を健康に蘇らせることができ、耐久性を高め、長持ちする家にすることができます。

外壁は常に雨風・紫外線などに晒されている状態です。
そのため、汚れがつきやすく、傷みや老化・風化といった損傷を負いやすい箇所になります。
家族が帰ってくる”かけがえのない家”を守るために外壁塗装は非常に重要です。

塗り替え時期のサイン

外壁塗装はお客様とって大きなイベント。
必要性はわかっていても、なかなか施工に踏み出せない…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外壁塗装をする時期として一般的には10年〜15年と言われています。
とは言え、各ご住宅によって劣化進度は異なります。
「どんな症状がでたら外壁塗装を頼めば良いのだろう…」
と思われている方のためにチェックすべきポイントを説明します。

外壁の色褪せ

外壁の色褪せは塗膜の劣化の初期症状になります。
ツヤがなくなったり、退色・変色し始めたら、塗り替えを検討し始めると良いでしょう。

外壁の色褪せ

チョーキング
外壁塗装チョーキング

外壁を手でこすってみてください。
その際に外壁の色が手につくことをチョーキングと言います。
これは、塗装の表面が劣化しており、防水性が失われていることを示しており、放っておくと、ひび割れや剥がれなどに発展する恐れがあります。
早めのメンテナンスをおすすめします。

チョーキング

クラック(ひび割れ)
(劣化進行度:高)

塗膜が経年劣化で硬化したことで起こる現象です。
ひび割れたところが水の侵入口になってしまい、カビの原因になってしまったり、住宅の強度が低下してしまったりします。
場合によっては、塗装工事だけでは済まないケースもありますので、発見次第早めの塗装・補修をおすすめします。
特に0.3㎜以上の幅のひび割れがあった場合は要注意です。

クラック(ひび割れ)

塗膜の膨れ・剥離
(劣化進行度:高)

外壁を守る力が無くなってしまっている状態になります。
剥がれている部分には防水機能が全くない状態ですので、そこから水分が侵入し、家そのものに影響を及ぼしてしまいます。
早めのご相談をお願いします。

中塗り